ポーチで一番大切なのは、出る勇気です | ゆうゆーのテニスメソッド

ポーチで一番大切なのは、出る勇気です

ダブルスでの基礎的な戦術の一つに、ポーチというものがあります。
後衛同士でクロスラリーしている時に、前衛が割って入ってボレーで決めるというあの戦術です。

このポーチですが、はっきり言ってめちゃくちゃ有効な戦術です。
これは初級、中級、上級問わずです。

そこで今日は、このポーチについて思うところを話してみたいと思います。

<スポンサーリンク>


ダブルスでの戦略として、ポーチが有効でないと思う人っておそらくいないと思うのですが、それでも全くといっていいほどポーチに出ない人はいます。
それは、出ないというよりも「出られない」といった方が正しいと思います。

ポーチというのが他のショットと少し異なるところは、技術はそれほど必要ではないという点です。
ポーチは分類上は一応ボレーになりますが、ボレーと考えない方がいいかもしれません。
ボレーが上手なのにポーチに全然出ない人もいますし、逆にボレーは下手なのにポーチは異常に出てきて、しかも決定力が高いという人もいます。

では、ポーチに出る時に一番大切なものは技術ではないとしたら、何でしょうか?
私が思う正解は、勇気です。言い換えればメンタルです。
ポーチに出る勇気とは、すなわちストレートを完全に捨て去る勇気でもあります。
ここでストレートに打たれたら失点上等、本望だと割り切れる人だけがポーチに出られます。

ポーチというのはかなりリスキーな戦術です。
ポーチを読まれてストレートへ打たれると、即失点につながるからです。
かといって、ボールがクロスへ飛んだことを確認した時点でポーチに出てもまず間に合わず、陣形が悪くなって不利になるだけです。

しかし、ここで忘れてはならないのはポーチはもともとリスキーな戦略ではあるが、決まれば精神的にも相当なダメージ(プレッシャー)を相手に与えられるということです。
読まれる可能性が低い状況においては、出ない手はありません。

ただ、そういう状況下においてもポーチに出られない人はとても多くいます。
「読まれたらどうしよう」とか、「こんなリスキーなことをしてミスしたらペアに迷惑がかかっちゃう」とか、そんな思いがあるから怖くて出られないのです。

こんな思いに支配しているうちは、ポーチにも出られませんし試合にも勝てないでしょう。
こういう思いに支配されそうになることは誰にでもありますし、おそらくプロにだってあるでしょうが、そこでその思いに打ち勝ってポーチに出る勇気なのですよ、大事なのは。

実のところ、ポーチに出ることのリスクってそんなに無いと私は思っています。

仮に読まれてストレートに打ってきたとしても、そのボールがミスになるかもしれないですからね。
クロスに打とうとしている球を、相手の動きを見て直前でストレートに変えなければならないわけで、これって上級者でもなかなか難しい技術ですので当然ミスも増えます。
むしろ、ポーチに出ることの狙いはそこ(=相手に難しいことをさせる)にもあるわけです。

ポーチを野球で例えるなら、盗塁です。
過去に盗塁の名手として名を馳せた福本豊さんは、盗塁で最も大切なのは思い切りだと言っています。
足の速さの僅かな違いよりも、思い切りの方がよほど大切なんです。

牽制球で刺される心配ばかりしていたらまず盗塁なんてできないし、強引にしてもスタートが遅れてまずアウトになるでしょう。
福本さんなんて、まだ投手が投球動作にも入っていないのに普通にスタートしたりしてましたから。


どこでポーチに出るかはいろいろ作戦もあるでしょうし、いくら効果的だからといっても全てのポイントで出た方がいいと言っているわけではありません。
出るか出ないかはそれぞれのポイントで決めないといけないのですが、このポイントは出ると決めたなら、ストレートケアやロブケアという気持ちは完全に捨て去って猛獣のごとく果敢に出なくてはならない、ということなんですね。

ポーチに出ないという選択肢はあっても、ポーチに出ようと思っていたけどビビッて出られないとか、ストレートを気にしながら恐る恐る出るという選択肢は、前衛の辞書には無いのです。
それなら勇気を持ってポーチに出てストレートを抜かれた方が10倍マシです。
そこまで思い切ってポーチに出られたら、仮にそのポイントはストレートを抜かれたとしてもその後の相手に大きなプレッシャーがかかっていることは間違いありません。

ポーチを決めたり、相手がその動きを見てミスをしたら100点、相手にストレートを抜かせたら70点、ビビッて出られなかったり、中途半端に出てしまったら(ポイントが取れたとしても)0点。
自分が前衛にいる時は、そんな採点基準でいることです。
<スポンサーリンク>

コメント


トラックバック