ボレーが苦手な人に捧げたい | ゆうゆーのテニスメソッド

ボレーが苦手な人に捧げたい

特に若いプレーヤーに多いのですが、ストロークは得意なんだけれどボレーがどうも苦手、という方はテニス界にはゴマンといるようです。

かくいう私も、学生の頃は圧倒的にボレーよりもストロークの方が得意でした。
ですが、今となってはストロークと同じくらいボレーも得意になりました。
好き嫌いで言えば、今はストロークよりもボレーの方が好きなくらいです。

そこで、苦手なボレーを克服した私が、どのような感覚を持ってボレーをしているかを書いてみたいと思います。ボレーに悩む方にとって少しでもヒントになれば幸いです。

<スポンサーリンク>


ボレーが苦手という人は、まず姿勢が高すぎる人がとても多いです。
構える時、もう少しヒザを曲げてみませんか?

はい、これだけでさっきよりも少しボレーが打てそうな感覚があるはずです。
ボレーに限りませんが、この「打てそうな気がする」という感覚って非常に大事だと思うのです。

姿勢を低くすることはストロークでももちろん大切なことなのですが、私はこれはストロークよりもボレーの時の方がより大切な気がしています。
姿勢を低くすることでボールをスイートスポットで捉えやすくなりますが、ボールをスイートスポットで捉えることの重要性は、ストロークよりもボレーの方が圧倒的に上だからです。

ボレーが苦手が人は、とにかくボレーの時にフレームに当たる当たる。。。
これでは安定しないのは当然です。
ストロークならフレームショットでも強引に飛ばすことができたりしますが、タッチが重要なボレーでのフレームショットは致命的です。

そしてボレーが苦手な人のもう一つの共通点ですが、腕が伸び過ぎていることが多いです。
ハイボレーだとボールとの距離が遠い場合も多いのでその場合は良いのですが、ローボレーやミドルボレーで、しかも割と体の近くのボールなのに肘をピンと伸ばして、窮屈そうに打っていたりします。

ボレーの感覚は、キャッチボールでボールを受ける感覚に近いと聞いたことがありませんか?
ボールを受ける時に、体の近くに来たのに肘を伸ばしてキャッチする人はいませんよね。
肘を曲げて、体の近くの少し前の方でボールを捉える癖をつけましょう。


あともう一つ勘違いしがちなのは、ボレーは「振ってはいけない」とよく言われますが、これは厳密には間違っていると思った方がよいでしょう。
正しくは「(大きく)引いてはいけない」であって、フォロースルーは大きくとって構いません。
フォロースルーを取らないで、思い通りのコースにどうやってコントロールするのだ?という話です。


最後に、ボレーが上手くなりたければ普段のストローク練習でもスライスを織り交ぜる癖をつけることです。
フォアボレーならフォアのスライス、バックボレーならバックのスライスです。
スライスストロークとボレーはかなり近い感覚がありますから。
ボレーが上手な人は、まずスライスも上手です。これは逆も当てはまります。


ボレーについて私が感じていることは、ざっとこんなところでしょうか。
こういったコツの類は人によって合う・合わないがあったりしますが、とにかくやってみることです。
少しやってみて、しっくりこなければ止めればいいし、しっくりくれば万々歳です。
とにかくやってみないことには何も変わりませんからね。

またボレーについて気が付いたことがありましたら、いつか記事にしてみたいと思います。
<スポンサーリンク>

コメント


トラックバック