中級者があまりしない練習とは? | ゆうゆーのテニスブログ

中級者があまりしない練習とは?

テニスを始めて数ヶ月といった初心者、あるいは既にレベルの高い試合に出てガンガン勝ち上がれるような上級者には当てはまらないことも多いと思いますが、多くの中級者にとって盲点になっているのではないか?と私が常々、思っていることがあります。

もっと具体的に言えば「本人はそれほど重要性を感じていないが、実はとても重要だと(私が見ていて)思うもの」があるのです。
それは何かというと、サーブとスマッシュです。
書き忘れましたが、これはダブルスでの話です。シングルスだと少し変わってきますので、あくまでダブルス前提の話だと思って読んでください。

私は自分のサークルでレッスン会なるものを時々開催しているのですが、そのレッスン会では事前にどういう練習がしたいか?というリクエストを、レッスンを受ける方々に聞き取ります。
で、そのリクエストを基に練習メニューを考えるようにしているのですが、特にリクエストに多いのがストロークやボレー、それと実践面でのポーチや、並行陣などのダブルスの陣形練習などですね。

もちろんこれらはこれらで意味のある練習なんですが、そんな中でサーブやスマッシュがリクエストに挙がることは、実はほぼ無いんです。
ま、サーブ練習なんかはどこでもできますし、いざとなれば一人でだってできますから、あえてレッスン会では別のメニューをリクエストしているという可能性はありますけどね。

サーブはとりあえず入れておけばラリーにつながりますし、スマッシュは最悪打たなくてもボレーで返しておけばこれもラリーは続きます。
だから、特にサーブやスマッシュの必要性を認識していないのではないかと思っています。
サーブやスマッシュがもっと打てれば、今よりもどれだけ簡単に勝てるかということの理解が不十分なんです。だから、リクエストにもあまり挙がってこないのだろうと想像しています。


サーブについてはサービスエースは取れないまでも、良いサーブを入れておけばあっさり前衛が決めてくれたりして、そもそもラリーになる前にポイントが取れます。

スマッシュなんて、しっかり練習して打てるようになっておけば本当に簡単にポイントが取れるものなんですが、自信がないとロブが来てもボレーで返すしかなく、結局その後のラリー次第です。
そのラリーの末、自分の簡単なボレーミスで失点しようものなら、自分のボレーの未熟さの方に90%の関心が向きます。
スマッシュが打てなかったせいでその後もラリーが続き、結果的にポイントが取れなかったという発想は、頭の片隅にもありません。片隅にあっても、次のサーブと共にどこかへ飛んでゆきます。

それじゃあダメだろう、と私は思うのです。
平凡な球を返せないのもミスですが、チャンスの場面で決められずラリーが続いてしまうのも同じようにミスなんです。
チャンスボールは、つないだ時点で失点と同じ
ミスに見えないミスに気付くこと

ただ、スマッシュが打てない人にとってはロブが来てもそれはチャンスの場面とは言えず、つまりミスではないという考え方もできますが、そもそもそんなに厳しいロブでもない限りスマッシュが打てないのは普段のスマッシュ練習が不十分なせいであり、広い意味ではこれもミスですよね。
サーブやスマッシュを鍛える練習をほとんどしていないという、練習メニュー選定のミスです。


中級者と上級者の違いは、ミスの多さももちろんありますが、それよりもエースもしくはエース級のポイントの多さの方が違いが大きいのではないかと、いろいろな試合を見ていて思います。
繰り返しますが、シングルスではなくダブルスの話です。
それも、よく見ると上級者はスーパーショットが特段多いわけではなく(そういうのが一つあると印象には残るかもしれませんが)、実際は甘いボールを見逃さずに確実に決めているだけのことです。
上級者ならあっさり決めているであろうボールを、中級者はつなぐんです。

また上級者と中級者が試合をすると、中級者は上級者にたくさん甘いボールを送ってしまうのですが、それを遡ると実はサーブが起点になっているということはとても多いんです。


ミスをしないという発想だけでプレーするのはそろそろ卒業して(もちろんこれも大切なんですが)、もっとエースをたくさん取るテニスを目指してみてはいかがでしょうか?
もちろん、チャンスでもない場面で無理やりエースを狙うのは得策ではありませんので、エースに繋がるようなチャンスの場面を自分から作り出すにはどうしたらいいか考えることも必要です。

それらを考えてゆくと、サーブやスマッシュは必然的にかなり重要なアイテムになってくるものだと思いますけどね。
関連記事

コメント


トラックバック