サーブ練習の時にコーンを置く理由 | ゆうゆーのテニスブログ

サーブ練習の時にコーンを置く理由

練習の時にただ漠然と打つのと、一球一球を大事にしてコース・スピード・球種などを意識して打つのでは、それを長く繰り返した時に大きな差となって表れてきます。
こういう心構えを持って練習に取り組むことこそが、すなわち練習の質を上げることなのです。

サーブの打ちっ放し練習でも、球出し練習でも、ラリー練習でも同じです。ゲームでも同じです。どんな練習メニューであれ、意識の持ち方一つで効果は全然違ってきます。
「そんなこと分かっとるわ!」とおっしゃられる方、こんなことはありませんか?

ゲームを何度も何度もやっていると、最初はピンピンしていても最後の方はだんだんと疲れてきます。
そういう時に、サーブをつい適当に打ってしまってませんか?
もちろん、普段はいろいろ考えて練習や試合に取り組んでいることと思います。
ですが、疲れてくると一つ一つの動作が雑になってきてしまうんです。同時に、考えることもしんどくなってきてしまうものなんです。

こうなってくると、せっかくの練習も意味がなくなってしまいます。
完全に無意味とは言えないまでも、高い心構えでやっている時と比べれば練習の効果は5分の1に落ちてしまいます。


サーブの打ちっ放し練習の時に、コーンを置くことがありますよね。
コーンを置くことで、無意識のうちにコーンに当てようと狙って打つでしょう。
つまりこれ、意識を高めるコツなんですよ。

コーンがあろうとなかろうと、練習自体は全く同じことをやっているだけです。
コーンが無くても、コーンがあると想定してそれを狙って打つことも、自分の気持ちの持ち方一つでできるはずです。
でも、ほとんどの人はできないんですよ。。。
できないというより、やることを忘れてしまう、サボってしまうという方が的確かもしれません。
何も考えずに、漠然と打ってしまうんです。


話が脱線しますが、「考えながらプレーする」ということについて。
特に試合の時など、あまり考え過ぎるのは良くないのでは?と思われる方もいると思います。

それはその通りかもしれません。
ですが、それがあれこれ考えた末に「考えない方がいい」という選択をしたのであれば良いのですが、それと、最初から何も考えないことを混同してはいけません。
最初から何も考えない人は、まず上手くなれません。

あ、もう一つ追加の脱線話。
考えないようにしよう、という思いをそのまま実行に移すと失敗するのがメンタルというものです。
以下にそのことを詳しく書いていますので、参考にしてみてください。
ダブルフォルトしないように、という思いは届かない


話を元に戻しますが、同じサーブ練習でもただ漠然と打つのと、コースをしっかり狙ったり、回転やスピードを意識して打つのでは、同じ練習メニューでも全く違った効果を生み出します。
これが練習の質、つまり努力の質です。

何度も繰り返し言っていますが、努力の大きさは「努力の質×努力の量」という数式で決まります。
そして、努力の大きさと上達の度合いは比例します。


質の高い練習か、質の低い練習かは、練習メニューによって決まるのではなく、その人の練習に対する心構えで決まるものなのです。
練習メニューが同じなら練習の質も同じというのは、盛大な勘違いです。
量は誰が見ても測れますが、質は自分でないと測れません。
だから、同じ練習メニューを同じだけこなせば、同じだけ上達するというものではないんです。

コーンが置けるならコーンを置いて練習すればいいし(コーンを無視して打っていたらもちろん意味ないですが)、もし置けないならコーンがあるものと自分の中で想定してサーブが打てるかどうか。
練習でもそうですが、特に試合なんかでは絶対にコーン置けないですよね?
これが常日頃から、特に練習後半での疲れた状況下でできる人が、どんどん上達してゆく人です。
関連記事

コメント


トラックバック