試合前のサーブ4本練習、適当に打ってませんか? | ゆうゆーのテニスブログ

試合前のサーブ4本練習、適当に打ってませんか?

一般的なほとんどの草トーナメントではまともな練習時間など用意されておらず、「練習は、試合前にサーブ4本のみ」というルールで行われている大会が多いものと思います。
ウォーミングアップもできずにいきなり試合なんて、特に初戦など思うように身体が動くとは考えづらいですがそんなことに文句を言っても仕方がありません。まして、相手も同じ条件ですしね。

さて、そんな中では最初のサーブ4本練習がかなり貴重なものになってくると思うのですが、みなさんはこのサーブ練習、どのように使っていますか?
まさか、何も考えずに適当に打っているなんてことはありませんよね。。。(¬_¬)

とは言うものの、あまり考えずに適当に打っている人が実は大半なのではなかろうか、と私は思っております。考えるのって、面倒くさいですしね。

もちろん、私は常々「ひとっとびにテニスが強くなれる魔法など存在しない」と思ってますので、サーブ練習を真剣にやった初中級者が、サーブ練習を適当にやった上級者に勝てるとは考えていません。
が、このサーブ練習の使い方の差で、何も考えないでやった場合と比べて1ポイントや2ポイントは多く取れるかもしれないとは思っています。ほぼ同じ実力同士の者が対戦した場合、その1ポイント、2ポイントの差が勝敗を分けるってことは十分あり得ますよね。


これは、私がよくやる試合前のサーブ4本練習の使い方の一例です。
初めて対戦する相手で、ダブルスの場合です。

デュースサイド、アドサイドとも相手のフォア側とバック側に、確実に入るような緩めのサーブを1球ずつ入れます。そして、この時の相手のリターンの精度をよく観察します。
何をしているかというと、相手はフォアハンドとバックハンドのどちらが得意でどちらが苦手か?という情報を得るためです。
たった1球での判断なので正確には分かりませんが、何も情報がない中では少しは活きると思っています。もちろん、試合の中で後々その評価が変わってゆくことはあります。

また、緩めのサーブを打つことにも意味があります。
このサーブ練習、全力で打っている方もよく見かけますが(それが悪いとは言っていない)、私は緩く打つ派です。
その理由は二つあります。

一つは、緩く打たないと入らない可能性が高くなり、相手のリターンが見れないからです。
ネットなどしてしまおうものなら、相手の情報を得るという意味では何の参考にもなりません。

そしてもう一つの理由は、試合の序盤(自分のサービスゲーム)を有利に進めたいからです。
これはどういうことかと言うと、私はサーブを得意にしていて、隙あればサービスエースを狙ってゆくタイプ(最近は年齢のせいか、以前よりパワーが出なくなってサービスエースを狙う頻度は少し減りましたが。。。)でもあります。

サービスエースというのは、200km/hのサーブを私ごときが打てるわけがないですからやみくもに狙ってもなかなか取れるものではなく、それまでの組み立てがとても重要なんです。
緩いサーブを打っておくことで、相手の目を緩いボールに慣れさせることができます。そこへいきなり速いサーブを打つと普通は反応できません。いわゆる緩急をつけるということです。サーブ練習の時からもう試合(駆け引き)は始まっている、という考え方ですね。
また、初見の相手であれば「こいつはエースを狙えるようなサーブを打つ相手ではない」という精神的油断を誘うこともできます。

これは、その試合の第1本目のサーブでしか有効でないかもしれません。が、その1ポイントを簡単に取ることができるチャンスを見逃す手はありません。
実際、私はこれで今まで何度もこの方法で試合1ポイント目のサービスエースを取ってきました。


さて、ここまで私のサーブ4本練習の使い方を書いてきましたが、何もこの通りにしないといけないということでは全くありません。
サーブ練習で全力で打つ方に対して「それが悪いとは言っていない」とカッコ付きで書きましたが、大切なことは何らかの意図を持ってやっているか?ということです。
何も考えずに適当に打っていてはいけない、ということです。

たかがサーブ練習、されどサーブ練習、です。
その試合に本気で勝ちたい、1ポイントでも多く取りたいのなら、こういったサーブ練習さえも疎かにできるはずがありません。
もっと言えば、単にその試合の勝ち負けだけではなく、テニスに対して常にそういう真剣な姿勢でいることがあなたをより強いプレーヤーへと進化させるのです。
関連記事

コメント

No title
おっしゃる通りですね。先々週、超久しぶりにシングルスの草大会に出たのですが、弱点探しは難しかったです。
一言でいうと、余裕がなかったです。
なぜか? 理由は多分、ボールを自分が打ちながら、相手の弱点を見極めるというのは、まずは、自分の意図したボールを相手に返球し、その後、相手をじっくり見て、更に、返球されたボールの状態を見て、打ち返す。
これって、普段から何かのタイミングで意識的にやっておかないとダメですよね。
普段の練習では、自分が打ちたいボールを打って、満足してしまいがちです。反省。
Re: No title
そうですね、この記事の内容に限らず練習や試合の時に考えるべきことって多いわけですが、上級者は無意識にそれらを考えているんですよね。意識的にそんなこと考えようと思っても絶対忘れてしまいますから。
そうは言っても、最初は意識的に考えるしかないと思います。毎回、意識的にやっているうちにいつの間にか体に染みついて、無意識にできているようになるのが理想でしょうかね。

トラックバック