ポーチに関するQ&A | ゆうゆーのテニスブログ

ポーチに関するQ&A

前回に引き続きポーチの話題です。
このブログではポーチをテーマにすることがとても多いですが、それだけダブルスにおいてはポーチが重要だ(と、私が思っている)ということですので。

今回は、ポーチに関してよくありそうな質問をピックアップしてみましたので、ポーチにお悩みの方は自称・ポーチのスペシャリスト(笑)である私の回答を参考にしてみてください。

<スポンサーリンク>


Q.ポーチは、ペアが良いサーブや良いストロークを打った時に出るものですか?

A.そんなポーチに出やすい状況では出て当然です。
ただ、これはペアにポーチに出やすい状況を作ってもらっただけです。いわばペアのおかげですから、これだけでポーチはマスターしたなんて思わないでください。
相手からすれば、前衛にやられたというより後衛にやられたという感覚でしょう。
私の本心としては、これはポーチとは呼びたくないくらいです。

そうでない状況の時にリスク覚悟で思い切って出てこそ、ポーチの醍醐味が味わえるんです。
ぜひセカンドサーブの時にポーチに出てみてください。相手はたぶん無警戒ですから。
これこそ真のポーチです。


Q.次のポイントでポーチに出るかどうかって、あらかじめ決めておくものですか?

A.あらかじめ決めておく場合もありますし、状況を見て瞬時に決める場合もあります。
ただ、私のおすすめはあらかじめ決めておくパターンです。私もだいたいはこっちです。
なぜかというと、その方が迷いなく出られるからです。ポーチでは「出ようか?」「やめておこうか?」という迷いが最大の敵です。
状況判断よりも、迷いなく思い切り出ることの方が大事だと私は思います。


Q.ポーチでのネットミスが多いのですが。

A.真横に出ていませんか?
ポーチは横に出るのではなく斜め前に出るものです。打つ位置はネットギリギリです。タッチネットするつもりで出てみてください。
この位置で打てれば、ネットすれすれの球でない限りネットミスはあまりしないはずです。
加えて、ネットに近ければ近いほど相手に与える圧力も大きくなります。


Q.背が低いので、ポーチに出ても意味ないのでは?

A.そんなことはありません。
もちろん、背が高い方がよりプレッシャーがかかるのは事実ですが。。。
私がリターナーの立場だとして、ポーチにガンガン出てくる背の低い前衛と、ポーチに全く出ない背の高い前衛なら、前者の方が何倍も嫌です。


Q.反射神経が悪いので、ポーチに出てもあまり決まりません。

A.構わず出てください。ポーチは出る(と、相手に認識させる)ことに最大の意義があります。
決まるかどうかに関わらず何度もポーチに出てボールに触るだけで、その後相手はクロスに返球しづらくなってきます。結果、ミスを誘えるのです。
もちろん決まれば尚良いのですが、出て触るだけでも効果はあります。


Q.ポーチに出たのを見られてストレートを抜かれたのですが。

A.それ、何か問題でも?
何回も何回もポーチに出ていれば、そりゃ抜かれるポイントもありますって。
そんな、当たり前に起こりうることをいちいち気にすることこそ、失敗の始まりです。

ストレートを抜かれるのは、相手がポーチを気にしている証拠です。その後の相手の迷いを誘発するために、この1ポイントを犠牲にしたんだと思っておくことです。
それに、その読まれたストレートがミスになることも結構あると思います。そんなに簡単なショットではないですから。

また上手な人は、相手に見えるようにわざと早く出てすぐに戻って(モーションをかける)、ストレートを待つということもやりますね。
こういう駆け引きも含め、簡単にクロスを通させないことです。


Q.ポーチに出るのは試合の序盤ですか?それとも終盤の大事な局面ですか?

A.あくまで私の考えですが、試合の序盤は特に積極的に出た方がいいです。特にペアの最初のサービスゲームの1ポイント目は絶対に出るべきといってもいいくらいです。1ポイント目からストレートに打ってくる相手などほぼいません。
無論、こちらのことをよく知っている相手の場合は考えないといけませんが。

なぜなら、ポーチの一番の目的はその後の相手にプレッシャーをかけることですので、序盤で出た方が一試合を通してプレッシャーをかけ続けられる分効果的だからです。
終盤になって初めて出ても、その後のポイントがそんなに無いので恩恵があまりありません。


Q.自分がポーチに出ない方が勝てる気がする。。。

A.ペアの後衛が自分よりもよほど上手な場合などは、そういうこともあるでしょう。
が、そんな試合ばかりいくらやっても自分が成長しませんよ。


Q.ポーチに出まくっているせいで全部ロブリターンに切り替えられてしまいました。

A.いいじゃないですか。
普段あまりロブリターンを打たない相手がそれをしてくるのは、ポーチを嫌がってる証拠です。
全部ロブで来るならポーチはやめて、最初から下がってロブに備えましょう。
甘いロブが来たらもちろんスマッシュです。


Q.そのスマッシュが苦手なので、ロブリターンで来られたらどうしようもありません。

A.ロブばかり上げてくる相手に対する有効な対策は、スマッシュしかありません。
故に、スマッシュは全テニスプレーヤーの必須科目です。
こんな質問をするあなたは普段、スマッシュの練習をあまりしていないということです。
もっとスマッシュ練習をしましょう。


Q.ポーチを含めた前衛の役割って、そもそも何なのですか?

A.相手後衛の邪魔をすることです。
相手後衛から「うざい」と思われる前衛こそ、最高の前衛です。
<スポンサーリンク>

コメント

No title
ペアの最初のサービスゲームの1ポイント目は確かに狙い目ですね。野球で言えば初球打ちといったところでしょうか?
もっと言うと、自分たちのサービスゲームのしょっぱなは絶対出ようとお互い最初から決めておくべきでしょうね。
これを確実にするには、自分でも、ペアの人でも、どちらがサーブをするにせよ、センターに確実にサーブを入れることが課題になりますからね。
戦略の1つが出来る。ポイント出来ても出来なくてもゲームとして面白いです。更に、もしもそれが出来ないと感じたら、何を練習すればいいか明確になる。
ロブリターンの話もそうですが、戦略が出来ると課題が明確になり、単にスマッシュが苦手だから練習する場合と比較して、練習の必然性が出て、モチベーションも上がりますね。
これは、少し前のゆうさんの記事にあった『上達までの3つのハードルを越える話』を実行する為の環境作りの一つの気がします。
そういう意味では若いころは気にしていなかった戦略ってすごく大切ですね。
Re: No title
そうですね、私は野球はそんなに詳しくないですが、特に1イニング目の初球なんてかなり狙い目な気がします。
ピッチャーは普通に考えて早めにファーストストライクを取って安心したいでしょうし、いきなりフォークボールから入るなんてほとんど無いでしょうから。
しかも、いきなり長打やホームランでも打とうものなら相当な精神的ダメージを試合の初っ端から与えられるのが相当大きいですね。

ヒロさんの後半のお話もまさにその通りだと思います。
同じ練習でも、ただ漠然とやっているのか、それを練習している目的を理解してやっているのかでは練習の質に大きな違いが出てきますし、おっしゃるように継続する工夫の一つにもなり得ますね。

トラックバック