何かを捨てなければ、何かを得られない | ゆうゆーのテニスブログ

何かを捨てなければ、何かを得られない

ダブルスで、ポーチに出られないとか、出ても届かないことが多いという方がいますね。
手が短いとか、足が遅いとかそういう理由ならまだ分かるのですが、原因はどうもそれだけではないように私は感じます。

どうも出るタイミングが遅く、ポーチに出ているのに思い切りを感じないというか。。。
今回はこうなる原因を少し探ってみたいと思います。

<スポンサーリンク>


以前、ポーチで一番大切なのは思い切りだという話をしました。
ただ、思い切りが大切だと分かっていながら思い切りが持てないという方もいると思います。

そもそも、思い切りを持てない原因って何なのでしょう?


私は、捨てる覚悟が無いことだと思います。

何か(ポーチアタック)を得ようと思ったら、何か(ストレートケア)を捨てなければいけません。
ポーチに出られない人は、ストレートを捨てきれていないのです。

もしポーチを読まれて、ストレートを抜かれたらどうしよう。。。
こういう気持ちをどこかで持っているために、意識の3割くらいはストレートケアに向いてしまっているのです。
こんな意識では、ポーチに出たところで当然届きません。
また仮に届いたところで、目の覚めるようなポーチを決めるのは難しいです。


ポーチを決めたいなら、ストレートなんぞ完全に捨てないと!

そりゃあね、何回も何回もポーチに出ていればストレートを抜かれることも当然ありますよ。
でも、そんなポイント一試合のうちに何回ありますか?
ポーチに出れずに(あるいは、出ても届かずに)甘いクロスを通されることの方が何倍も多いんじゃないですか?

ポーチに出られずに甘いクロスを通されても、一見ミスのように見えません。
一方、ポーチを読まれてストレートを抜かれると、してやられた感が強く残ります。

だから、どうしてもストレートを抜かれるのだけは避けたいと無意識に思ってしまうんでしょう。
確かにストレートを抜かれると「出るの早すぎー」などと周りに言われますね。でもそんな言葉は無視しておけばいいんですよ。
今のは悪くなかったと、周りの言葉を無視して思い直せるかどうかです。

ポーチに出た時にストレートに抜かれるのは、私から言わせれば甘い球をポーチに出られずにスルーしてしまうよりも10倍も素晴らしいことなのですから。


何かを得ようと思うなら、何かを捨てないといけません。それが「リスクを負う」ということです。
リスクを避ける者に大きなリターンはありません。
思い切りを持つということは、(あるものを)捨てる覚悟を決めるということです。

こういうことは、ポーチ以外にもいろいろあると思いますので一度思い返してみてください。
<スポンサーリンク>

コメント

No title
毎度更新を楽しみにしています。
ついつい、コメントしたくなって書いてしまいます。
この記事を見て、頭に浮かんだのは、全く別のジャンルなのですが、麻雀漫画のことです。
ギャンブル漫画なのですが、似たようなことを言ってました(笑)。テニスも麻雀漫画の主人公も、どちらも勝負には勝つので、いわゆる強い人、ということなんでしょうね。
漫画の方は命をも掛けるような場面があるので、テニスといったスポーツとはリスクと言っても全く別次元の話なのですが、そういう意味で言えば、別に取って食われるわけでもないのでポーチに出るくらいなんでもないですね。
Re: No title
ありがとうございます。
最近はブログにコメントいただけるのはヒロさんくらいなので、とても励みになります。

本当にそうです。ポーチに出るくらいのリスクなんてどうってことありませんよね。
しかも、ポーチに出ることのリスク(ストレート抜かれる)が顕在化する確率って実はそんなに高くないと思ってます。単に抜かれた場合にきれいなエースに見えるから、やられた感が残るだけで。
その割には精神的に優位に立てる、かなり優れた戦術だと感じています。

今日もポーチの記事をアップしてしまいましたが、どこかの大会などで試合を見ていると「もっとポーチに出たらいいのに」と思う試合が半数以上です。

トラックバック