ストロークでは軸足を意識すること | ゆうゆーのテニスメソッド

ストロークでは軸足を意識すること

今回はちょっと初級者向けの話になりますが、軸足という言葉を聞いたことがありますか?
聞いたことがある方、テニスの時に意識したことはありますか?

回転するものには、必ず軸というものが存在します。
軸を中心にして、その周りを回っているわけです。
一番分かりやすいのはコマで、中心に軸があってその軸を中心に本体が回転していますよね。

この軸という概念ですが、これは特にストロークを打つ時に意識すべきことなのです。

<スポンサーリンク>


ストロークでは地面との接点である足を軸として、その周りを腕やラケットを含めた体全体が回転していると考えます。

普通は両足を地面につけた状態で打っていると思いますが、必ずどちらかの足に体重が乗った状態で打っているはずで、その体重の乗っている方の足こそが軸であり、この足を軸足と呼ぶわけです。

軸足を中心とした体の回転を上から見たイメージ図にすると、こんな感じです。

004.png

扇形の弧の部分はラケットの軌道と考えてください。
この図は右利きのフォアハンド、もしくは左利きのバックハンドの場合です。
実際に素振りをしてみてイメージしてみると良いと思います。

実際にはこの動きに上下の動きや前後の体重移動も少し加わるのですが、まずはシンプルに理解するためにこの回転運動のことだけ考えてみます。


そして、実際にストロークを打つ時に大切なことは、今言ったような軸足を中心とした回転運動の中で自分が一番打ちやすいポイントに入ることです。
つまり、ボール(打点)の位置に対して軸足をどこにセットするか、ここに意識を集中することです。

この軸足のセット作業は、とても繊細でなくてはなりません。フォームは豪快でも構いません。

005.png


006.png

この軸足をセットする位置を間違えると、素振りを百万回してどれだけフォームが固まっていても、ストロークは絶対に安定しません。
ボールとの距離が近すぎたり遠すぎたりすると、そのフォームで打つこと自体が不可能なのですから。
逆に、軸足のセットさえ上手くできればそのストロークの8割は上手くいったようなものです。

フォームの安定に加え、軸足(とボールとの位置関係)こそがストロークの明暗を分ける鍵なのです。

初級者はどうしてもストロークの時に上半身にばかり意識が向いてしまうのですが、テニスは足ニスと言うように、どちらかというとむしろ下半身の方が重要なのです。
フットワーク、フットワークとよく言いますが、良いフットワークというのは足が速いことではなく、素早く正確に打点に入る技術、言い換えれば素早く軸足を適切な場所にセットする能力(そのためには細かくリズミカルに足を動かさなければならない)、ということです。
<スポンサーリンク>

コメント


トラックバック