コンチネンタルグリップ、使えますか? | ゆうゆーのテニスブログ

コンチネンタルグリップ、使えますか?

内容に入る前に、みなさんコンチネンタルグリップって聞いたことはありますか?
グリップ(ラケットの握り方)の種類の一つです。

知らない・聞いたことがないようなら、この記事の内容は理解できないと思いますのでまずはグリップの種類を覚えてください。とりあえずコンチネンタル、ウエスタン、イースタンの三種類くらい覚えれば十分です。
以下のサイト(ウエスタングリップの説明がおかしいですが。。。)が参考になります。

https://noahis.com/beginner/grip/

<スポンサーリンク>


さて、私が初級や初中級くらいの方にボレーのレッスンをする際、いつも悩みの種になっていることがあります。それは、コンチネンタルで握ってないこと(おそらくイースタンやウエスタン)、そしてその持ち方で長年やってきているということです。

なぜこのような持ち方になっているのか想像してみるに、おそらくフォアハンドストロークをイースタンやウエスタンで握っていて(これ自体は何ら問題ない)、グリップチェンジを覚えずにそのまま同じグリップでボレーも打つようになり、それが癖づいているのだと思います。

まずボレーの前提として、ストロークと違いフォアに来るかバックに来るかを確認してからグリップを変えることなどできませんので、フォアもバックも同じグリップでなければなりません。
そして両方に対応できるグリップとなると、コンチネンタル以外ではかなり厳しいものがあります。

ウエスタンやイースタンでは、フォアボレーはまだ何とかなるかもしれませんがバックボレーは致命的です。人によっては、ソフトテニスみたいにフォアと同じ面で打っているケースもあります。
これでも上手く返せればもちろんルール的には何も問題ないのですが、特にローボレーになった時にはまともな打ち方はまずできないと思います。

この基本から外れたグリップをそのまま変えずにボレーの打ち方について指導しろと言われても、私はどうしていいか分からないから悩みの種になっているんですね。。。


もちろんコンチネンタルグリップを覚えさせればいいだけの話なんですが、グリップを変えるというのは長年それでやってきた人にとってはかなり大きなチェンジになります。
不適正でも慣れた持ち方だと、適正で不慣れな持ち方よりも(今すぐ打てと言われたら)上手く打てるものなので、グリップを変えたことで一時的には今よりも酷くなる可能性が高いんです。

だからコーチと言えど、赤の他人に過ぎない私ごときがそのような大きなチェンジを人に軽々しく勧めてよいものか?と悩むのです。
そういう時は、ボレーの基本はコンチネンタルグリップだということは説明した上で「変えるかどうかはみなさんに任せます」みたいな曖昧な言い方でいつも逃げています。

が、本気でボレーが上手に打てるようになりたいのであれば、やはりコンチネンタルグリップを覚える以外にないだろうというのが私の本音です。
また、ボレーでコンチネンタルグリップを使うということは、(フォアハンドストロークはさすがにコンチネンタルにはできないでしょうから)グリップチェンジを同時に覚えなければならない、ということでもあります。グリップチェンジというのは、ストロークからボレーに上がった時など、ラリーの途中でラケットを握り替える(ウエスタン→コンチネンタル、等)動作のことです。


ところで、テニスにおける基本のグリップってみなさん何だと思いますか?
フォアハンドストロークの握り方(ウエスタンなりイースタンなり)を挙げる人もいると思いますが、私はコンチネンタルグリップがテニスの基本のグリップだと思っています。実際私は、フォアハンドストロークを除く全てのショットをコンチネンタルで握って打っていますからね。

上ではボレーを挙げましたがサーブについても、本気で質の高いサーブを覚えたいならやはりコンチネンタルグリップ一択です。
回内動作というのを覚える必要がありますが、リーチが長くなる分もっと速いサーブが打てますし、打点は高くなって安定しますし、打ち方を覚えればスピンサーブも打てるようになります。

また、ボレーを覚えたいならまずはスライスを覚えることを私は以前からお勧めしていますが、スライスストロークを打ちたいならこれもフォア・バック共にコンチネンタル一択です。
バックハンドのスライスはシングルスでは特に有効ですし(もちろんダブルスでも使えます)、これの応用でドロップショットも打てます。


上級者なら誰もが当たり前のように使いこなせるであろうコンチネンタルグリップ。
初級者で「基本通りの打ち方を覚えたい、でもコンチネンタルは使ったことがない」という方は、まずこの握り方に慣れることから始めましょう。

ラリーの最初の球出しは当然コンチネンタルで握って出しましょう。こんなのは上級者にとっては常識です。本職のコーチで、球出しの時にコンチネンタル以外で握っている人などいません。
またラリーの順番待ちの間、コンチネンタルで握って手持ちのボールを地面にポンポンとつきながら待つことです。これはウエスタンの方がやりやすいと思いますが、あえてコンチネンタルでやってください。これをやることで、先に挙げた回内動作を自然と覚えることもできます。
私はもうコンチネンタルでこれをやることが癖になっていますので、何の違和感もありません。


グリップチェンジを覚えたり、今まで慣れ親しんできたグリップを変えるというのはなかなか勇気のいることだと思いますが、まずは球出しから徐々に変えるというのでもいいですし、何ヶ月かやってみてどうしてもダメなら戻せばいいだけなので、コンチネンタルマスターを目指してぜひ一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか?
<スポンサーリンク>

コメント

No title
ラリーの最初の球出しは当然コンチネンタル  のくだり。
ウエスタングリップの人が球出しできないからやっていると思っていましたが、いろいろな感覚を覚えたくて最近、意識しています。やり始めるとこれでないと変な気分になりますね。
この記事を拝見して、我が意を得たりと思いました。
Re: No title
ヒロさん、コメントありがとうございます。

特にソフトテニス上がりの方は、ウエスタングリップに慣れてしまっているので最初はコンチネンタルに違和感を感じると思います。
ですが、慣れてくるとおっしゃるようにコンチネンタルでないと違和感を感じますね。
もう少し歳を取ったら、フォアハンドストロークまでコンチネンタルになってそうな気がします。楽そうなので(笑)
No title
1つ質問させて頂きたいのですが、特にフォアの握りがウエスタンの人は、スライスはコンチネンタルに握り直すのでしょうか?
人それぞれや、ケースバイケースなのかもしれませんが、例えば
1.普通のフォアのスライス。(自分は今、ウエスタンですが、球出しでコンチに慣れたこともあり、悩んでいます。)
2.フォアのブロックリターンで返す。(自分は今、ウエスタンですが、コンチで返せた時があり、お!いい感じと思い、悩んでます。)
3.フォアのドロップショット(自分は今、ウエスタンですが、これは、コンチネンタルに握り返すと、よく見ている相手は、ドロップってわかるかも。と思いこれも悩んでます。)
Re: No title
ヒロさん

あくまで私の場合ですが、1はコンチネンタル、2はウエスタンです。2はコンチネンタルに握り替える時間的余裕も無いですしね。
2について、例えばスライスロブでリターンすると決めている時は最初からコンチネンタルで握っている時もあります。

3については、私も分からない(ヒロさんと同じように思っています)ので私が質問したいくらいです。笑
私はフォアハンドでストロークのドロップショットを滅多に打たないので分かりませんが、プロのドロップショットなんかを見るとコンチネンタルで握っているように見えますね。

トラックバック