ダブルスでのリターンサイドの選び方 | ゆうゆーのテニスブログ

ダブルスでのリターンサイドの選び方

ダブルスで誰かとペアを組む時に必ず決めなければならないのが、どちらがサーブを先に打つかということと、リターン時にどちらがどちらのサイドに入るか、ということです。

サーブの順番に関しては、常識的に考えてサーブが強い方が先に打つべきでしょう。もしくは、前衛が得意な人がいればその人は後でサーブを打つ(先に前衛に入れるから)という選び方をするケースもあるでしょう。
もしくは、外のコートでは太陽の位置など考えて眩しくない方が打つ、といった特殊例もあるかと思いますが、サーブはこういう選び方で基本的には問題ないと思います。

<スポンサーリンク>


さて、悩むのはリターンのサイド選びの方です。

もちろん、(試合本番では)普段慣れている方をやった方がいいと言ってしまえば確かにそうなのですが、それだけではこのテーマで記事を書く意味がありません。
そこで今回は、それ以外に私なりの「リターンサイドを選ぶ根拠」というものがありますのでそれを書かせていただこうと思います。

尚、これらは味方ペア、相手ペアの全てが右利きだという前提です。左利きの人がいる状況ではまた変わってきますのでご注意ください。


まず、こういう人はデュースサイド(フォアサイド)に向いているだろうと私は考えます。

① ロブが得意な人
② ストレート(ストローク)が得意な人


①については、リターンからのストレートロブ展開を想定しています。
デュースサイドからのストレートロブは、通ればとても有効です。
相手が雁行陣の場合は高いバウンドのバックハンドストロークという難しい返球を強いられますし、並行陣で来た場合はバックのハイボレーとなりこれも難しい返球になります。

これ、逆にアドサイド(バックサイド)からのストレートロブだと雁行陣の相手はフォアハンドになりますし、並行陣で来られた場合は最悪サーバーに落下点に入られてスマッシュを打たれます。
同じストレートロブでも、デュースサイドからとアドサイドからでは有効性が全然違うのです。

②については、相手前衛にしてみればデュースサイドの方がポーチに出やすいものです。理由は当然、センターの球が相手前衛のフォアになるからです。
ということは、こちらのストレートが抜ける可能性が高いし、またデュースサイドでストレートを相手前衛に意識させられればポーチの半分は封じれたようなものです。アドサイドだとポーチに出てくる可能性が低い分、ストレートを待たれていることも結構あるのです。
同じストレートでも、デュースサイドからのストレートはアドサイドからのストレートよりも有効なのです。


では逆に、アドサイドに入った方がいいかな?と思うのはこういう人です。

③ 前衛が得意な人
④ スマッシュが得意な人


③④共通で言えることですが、アドサイドに入る人は自分のリターンのことだけでなく、むしろペアのリターンの時に自分が前衛になることを考えておいた方が良いと思います。
自分が前衛になった時、アドサイドの人はセンターのボールがフォアになりますよね。
つまり、ポーチで活躍できる絶好の形です。この形で前衛を活かさない手はありません。

また、スマッシュが上手な人がアドサイドにいた場合、ロブを上げられた時にかなりの広範囲でスマッシュできます。これがデュースサイドにいた場合はスマッシュが打てる範囲が限られてしまい、せっかくスマッシュが上手でも宝の持ち腐れになってしまいます。

--

実際活きそうなものはこの程度しかありませんでしたが、総じて言えば後衛が得意な人はデュースサイド、前衛が得意な人はアドサイドが向いているんじゃないでしょうか。
もちろん、絶対的なものではなく一つの考え方として参考にしていただけたらと思います。


他、一般的にはこう言われている(が、私はそう思わない)というものもついでに挙げておきます。

⑤ フォアが得意な人はフォアサイド(デュースサイド)に決まってるだろ
⑥ サウスポーはアドサイドに入るべきだろ
⑦ 思い切りがいい人はデュースサイド、堅実な人はアドサイドだろ


これらはよく言われることですが(特に⑥なんて、サウスポーというだけでアドサイドに入ってもらわないと、、、的な雰囲気に?)、どれも迷信に過ぎないと私は考えています。
むしろ、⑤⑥⑦全て「逆」の方がいいんじゃないかと思えるくらいです。

⑤については、「フォアサイドだからフォアで返球するものだ」という訳の分からない固定観念が影響しているような気がしてなりませんが、サーブをセンターに入れられた場合は結局苦手なバックで打たなければならないので同じことだと思います。
センターなので相手はポーチにも出やすい状況で、バックが苦手だとここはかなり苦しいです。上級者はこのコースが基本だとばかりにどんどん狙ってきます。

⑥については、サウスポーがアドサイドに入るとセンターが二人ともバックになってしまい、穴ができてしまいます。ダブルスだとセンターセオリーと言ってセンターが基本狙われやすいのに、そこに穴を作るのは致命的です。
⑦についても、上の私の理論①②③④を総合すればむしろ真逆に近いんですよね。


絶対の正解なんてありませんが、「(こっちのサイドが)慣れているから」といった単純な理由だけで決めてしまうのではなく、もう少し戦略面も考えた上で決めてみてはいかがでしょうか?

但し、こう言ってしまえば元も子もないのですが弘法筆を選ばずで、強いペアはサイドを入れ替わってもきっと強いです。
普段からデュースサイドしか入らない人も、そのままではアドサイドの苦手意識が拡大してゆくだけです。今後いろんな人とペアを組んだり、戦略面での引き出しを増やしてゆくためにも、どちらのサイドも練習してこなせるようになっておきたいものです。
<スポンサーリンク>

コメント


トラックバック