全試合、勝ちにこだわり続けたらこうなります | ゆうゆーのテニスブログ

全試合、勝ちにこだわり続けたらこうなります

試合で、勝ちにこだわることは悪いことではありません。
一年で一番大きな大会の試合などではもちろん、たとえ練習の試合でもメンタルを鍛えたいなど明確な目的があって「この試合は勝ちにこだわるんだ」と決めた試合では、何がなんでも勝ちにいくというのは当然の姿勢だと思います。

が、ついつい負けず嫌いな性格が出てきてしまうのか、本番の試合や練習の試合も含めてほぼ全ての試合で勝ちにこだわってやっている人がいます。
全ての試合をそういう姿勢でやっていると、その人はその後どうなってゆくと思いますか?

<スポンサーリンク>


例えばその人のストロークは、フォアハンドが得意でバックハンドが少し苦手だとします。
試合では絶対勝ちたいですから当然、自信のあるフォアハンドを多用します。
フォア側を空けて立つようになるでしょうし、フォアでもバックでも打てるような球は全てフォアで打ちますから、苦手のバックハンドが一向に上達しないであろうことは容易に想像がつきますね。
バックを打つ機会が無いのですから上達するはずもない、幼児でも分かる理屈です。

練習ではバックハンドを打っていたとしても、試合と練習は雰囲気なども含めてやはり違うところが多いですから、試合で使えるようにならないことには上達したとは言えません。
(まぁ、常に勝ちにこだわる人は往々にして練習でも得意なことばかりやってますけどね。。。)

ただ、これでもある程度のレベルまでは通用しますから余計にタチが悪いんです。
が、上級者が相手となるとバックばかり狙われ、それが嫌なのでバック側を締めて締めてフォア側ががら空きになり、ここぞという場面でフォア側にエースを取られる。そんな展開が目に浮かびます。


打つコースにしてもそうです。
ダブルスで普段、リターンをクロスに返してばかりいる人がいます。だいたいの人がそうですね。
試合では絶対勝ちたいですから、普段から打っていて慣れている(=自信のある)クロスにばかり打つことになるでしょう。
確かにリターンをクロスに打つのは定石ですが、上級者相手にクロス一辺倒に打っていたらたちまちそれを見抜かれ、どんどんポーチに出られます。

そこでストレートリターンを一発打っておきたいのですが、普段リターンをストレートに打つことがありませんから、大切な試合でいきなりストレートに打ったところでまともに入るはずがありません。
無理やり打ってもミスになるでしょうし、そうなるのが自分でも分かるので結局クロスに打たざるを得ず、ポーチの餌食となります。

ただ、これでもあまり頭を使っていない相手には十分通用したりします。


つまり、勝ちにこだわっている間は良くも悪くも自分のテニスは変わらないということです。
通用する相手には(相手が何か変えない限り)一生勝てるし、通用しない相手には一生勝てない。

それで良いのか?ということです。

いえ、別に変えないことを否定しているわけではありません。
テニスをやっている人の中にもいろんな価値観の人がいますから、その時に快適にテニスができればそれで良いのだ、という人もいるでしょう。それはそれで全然いいことです。
ですが、もっと強くなりたいと言っている割には、今までの自分を何も変えずにいつも同じプレーばかりしている(その場の勝ちにこだわるからそうなるのですが)のはいかがなものかと思うのです。


もちろん、普段しないようなプレーを試合でいきなりやっても自滅するのが関の山です。
まずは練習で、試合でも試してみたいと思えるレベルまではしっかり鍛えないといけません。それは大前提です。
でも、最後はやっぱり試合で使って慣れていかないと本物にはなりません。
身内での練習の試合と大会本番の試合ではこれまた違いますから、本番の試合で勇気を持って使ってゆくことも必要でしょう。


今まで勝てなかった相手に勝てるくらいレベルアップしたいと思うなら、自分のテニスの何かを多かれ少なかれ変えないといけないんです。
変えることにはリスクが伴います。そのリスクの一つは、今まで勝てていた相手に負けるリスクです。短期的にはこうなる可能性は高いかもしれません。
でも、長期的にうまくいけば今まで勝てなかった相手にも勝てるようになるかもしれないのです。
変えたことに意味が無いと思えば、また戻せばいいだけです。以前できたことは、少し時間があればすぐにまたできるようになりますから。

今まで勝っていた相手に負けると、相手には「勝った勝ったー」と騒がれるし、周りの人からの自分の評価も下がるかもしれません。負けず嫌いな人にとっては、これは屈辱でしょう。
でも、この記事は特に負けず嫌いな人に読んで欲しいんです。
もともと負けても何とも思わない人は、勝ちを捨てたところで自分を変えたことにはなりませんから意味がありません。


負けず嫌いな人が、負けを覚悟してでも今まで避けていたことに挑戦するのを私は応援したいし、そういう挑戦をし続けた人は一年後、二年後には今よりももっと勝てるようになっているはずです。

ぜひ、普段の試合では勝ち負けばかり気にせずに勇気を持って今の課題に取り組んでください。
そして、来たる「絶対に勝ちたい試合」では、その時点でできる最高のプレーをすべく思いっきり勝ちにこだわってください。
その頃にはバックが苦手でなくなっているなら、バックで待つというのが勝ちにこだわることになっているかもしれませんね。そうなっていれば素晴らしいレベルアップです。
<スポンサーリンク>

コメント


トラックバック