ペアに迷惑かけないように、が逆に迷惑です | ゆうゆーのテニスブログ

ペアに迷惑かけないように、が逆に迷惑です

ダブルスでよく、「ペアに迷惑をかけると申し訳ないから」といった理由でポーチなどの積極的なプレーが出来ない人がいます。
ペア(後衛)に任せてもいいようなボールを横取りして決めにゆくのがポーチですから、ポーチに出てミスしようものなら、他人のボールを奪った挙句に失点したことになりますから、そういう気持ちにもなってしまうのでしょう。

<スポンサーリンク>


テニス(ダブルス)を初めて間もない人で、ペアのことなどに考えが及んでいない人が「触れるボールは全て触る」とばかりにペアの邪魔ばかりしているケースなどであれば、まぁ分かりますが。。。

そんな特殊ケースを除いては、「ペアに迷惑をかけないように」と思うことは、あまり良い結果を生まないと思っています。


強いダブルスのペアって、とにかく前衛の存在感が半端じゃないんです。
ポーチにもバンバン出ますし、右に左に前に後ろに、とにかく動く動く。。。

もちろん、それだけ動くわけですから当然ミスも出ますし、場面によっては「今のは後衛に任せるべきだった」というボールまで触ってしまい、ペアに迷惑をかけている時もあるでしょう。

でも、そんなことはどうでもいいんです。
前衛のミスの数だけで勝ち負けが決まるゲームじゃないんですから。
それだけ前衛が動くことで、どれだけ相手にプレッシャーがかかってミスを誘発しているかなど間接的な効果まで含めたら、ほとんどの場合は前衛のミスを補って余りあるほどの効果があるものです。
ペアのおにぎりを落としてしまって、代わりに叙々苑の焼肉を奢るようなものです。

それは、ペアにとっては相当嬉しいし助かることなんですよ。


逆に、「ペアに迷惑をかけたくないから」と遠慮している方は、やりようによっては勝てる試合を落としているという意味でどれだけペアに迷惑をかけているか、ということを振り返るべきですね。
ペアのことを考えるのであれば、「ペアに迷惑を掛けないように」ではなく、「ペアを助けたい」にしましょう。

だいたい、メンタルの強い人は「ペアに迷惑をかけたら・・・」なんてまず考えてません。
メンタルの強い人の心の中は「私が決めてやる!」「俺がヒーローになるんじゃ!」ですから。
<スポンサーリンク>

コメント


トラックバック