テニスは足ニス、は本当です | ゆうゆーのテニスブログ

テニスは足ニス、は本当です

よく、テニスは足が大事だということを例えて「テニスは足ニス」などと言われます。
全くその通りで、テニスは足(下半身)が非常に大事なんですね。

厳密に言えば、上半身も下半身も同じように大事です。
でも、上半身はテニスを始めたばかりの人でもない限り、大半の人ができていると思うんです。
まず上半身のスイングから覚えようとしますからね。

上半身の動きはできているのに、下半身の動きがあまりできていない、こういう人が多いので「テニスは足ニス」という標語で下半身の重要性を訴えるのはとても良いと思います。

<スポンサーリンク>


で、具体的に下半身はどう重要なのでしょうか?

例えば、ストロークを想定してみます。
上半身の動きを覚えるのは、素振りを何度もするのが早道です。
何度も何度も素振りをするうちに、フォームがどんどん身についてきます。

そして、いざ実際のボールを打ってます。
が、上手く打てません。
なぜでしょうか?

確かに、素振りでフォームはしっかりと固まっています。
ただ、素振りというのは毎回同じ打点(自分が一番打ちやすい打点)にボールがあるという前提でやるのが普通です。
しかし実際は、毎回そんな最高の打点にボールは勝手に来てくれません。

ちゃんと自分の打点にボールが来ない限り、素振りのフォームで打つこと自体が不可能なんですよね。
想定より高かったり低かったり、前だったり後ろだったり、そんな場合は途端にフォームが崩れてしまいます。
器用な人なら崩れたフォームでも何とか返せるかもしれませんが、ミスが増えたり、返せてもヘロヘロ球になってしまうことがほとんどです。

勝手にボールが最高の打点に来てくれることはほぼ無いのですから、どうすればいいかと言うとボールの軌道を見て、最高の打点になるであろう場所に自分が動くしかないんです。


的確に打点に入る能力、これこそが俗に言うフットワークです。
テニスは足ニスと呼ばれるのは、このフットワークの重要性を表した言葉なんです。
フットワークの良さとは、足の速さのことではなく正確さ・緻密さのことなのです。

だから、たとえ自分に近いボールでも細かいフットワークは必要なのです。
むしろ近いボールの方がフットワークは重要かもしれませんね。


フォームの安定(上半身)と正確なフットワーク(下半身)、両方が揃って初めてストロークが安定するのです。

フォームだけなら、中級者でも上級者並に美しい人はいます。
フォームはとても綺麗なのになぜかミスが多いという人、たまに居ますよね。
そういう人は、おそらくフットワークがまだ半人前なのです。


上級者のストロークを見る時に、多くの人はフォームを見て真似しようとしますがそれよりもフットワークを見て勉強することですね。

また、フォームの安定は家での素振りに任せて、オンコートの練習ではフットワーク(正確に打点に入ること)に意識を置いてやってみてはいかがでしょうか?(私は常にそうしています)
<スポンサーリンク>

コメント


トラックバック