ダブルスではセンターを攻めて勝て | ゆうゆーのテニスメソッド

ダブルスではセンターを攻めて勝て

ダブルスでの基本戦術で、センターセオリーという言葉を聞いたことがある方も多いと思います。
これには私も完全に同意していて、(相手が並行陣の場合)二人の真ん中すなわちセンターが最大の攻撃ポイントなのです。

当たり前の話ですが、相手の正面へ打つよりも相手から遠いところへ打った方が普通は返球されにくいのは理解できると思います。
そこで、チャンスが来たら狙うべき基本の選択肢としては、やはりサイドかセンターとなります。
この二箇所が、相手から遠いエリアになりますから。

<スポンサーリンク>


さて、こういうシーンではどちらのコースを選択すべきでしょうか?
ダブルスでは非常によくある場面ですね。

002.png

実はこの場面では、サイドへ打つよりもセンターへ打つ方が得なことがいくつかあるんです。

1.ネットが低い
2.サイドアウトが無い
3.お見合いしてくれる可能性がある

これらのメリットのおかげで、サイド中心に攻めるよりも(1セットマッチの中で)1ポイントか2ポイント余分に多く取れるかもしれません。
たった1、2ポイントと思うなかれ、この差で勝敗が逆転することは珍しくないのですから。

逆に、サイドへ打った方が得なことといったら、、、特に思い当たりません。

もちろん、今までセンターばかり攻めていて相手にコースを読まれているような場合はサイドを狙った方が得だ、といったようなことは当然あります。
ここで言っているのは、あくまで基本的な戦術としての話です。


というわけで、相手が並行陣で来たらセンターをガンガン攻めてやりましょう。

実際には完全にセンターを狙うよりも、相手のレベル差や陣形、相手がフォアになるかかバックになるか、またこれまでの攻撃箇所(に対する相手の慣れ)などを考慮して若干ズラす、なんてことを自然にできるようになれば、もう上級者と言えるのではないでしょうか。
<スポンサーリンク>

コメント


トラックバック