女子こそスマッシュを磨くべき | ゆうゆーのテニスメソッド

女子こそスマッシュを磨くべき

普段の練習ではストローク、ボレー、サーブリターンはほぼ毎回やっているものの、スマッシュの練習はほとんどしないなぁという方、いませんか?

プロ選手は、スマッシュ練習をもの凄くたくさんしているようです。
試合を見てもよく分かりますが、プロは苦しい体制でも滅多にスマッシュミスをしません。

一方のアマチュアプレーヤーはあまりスマッシュ練習をしないので、当然ミスも増えますね。
そもそもロブが来てもスマッシュを打たず、毎回ハイボレーで返す人すらいます。

<スポンサーリンク>


でも、特にダブルス中心のプレーヤーだとこれは非常にもったいないですね。

また、男子ではスマッシュが苦手という人はあまりいないのですが、女子ではとても多いです。
それは、男子は子供の頃に野球なりドッジボールなり、ボールを投げる機会がそれなりにあったはずなので、上から肩を回す動作そのものが自然と身に付いている、ということがあると思うのです。

しかし、女子は子供の頃にそのような体験をしたことが一般的には少ないため、サーブやスマッシュのような動作に慣れておらず、どうしても苦手意識を持ってしまうのでしょう。
(知り合いの女子に、子供の頃にハンドボール部だった人がいますがスマッシュがとても上手です)

でもですね、実は男子よりも女子の方がスマッシュが武器になると私は思っているんですね。

男子ダブルスは基本的に展開が早く、ロブが来る場面というのはそんなには多くない一方、女子ダブルスではロブの割合が非常に高いです。
それは先に述べたように、女子でスマッシュが得意な人が少ないのが常識になっているからです。
苦しい時はとりあえずロブを上げておけば、よほど甘くなければ立て直せる可能性が高いのです。

で、そんな時に「待ってました」とばかりにスマッシュで決められる女子がいたとしたら、それはもう相当な武器ですよ。
相手が感じるプレッシャーは半端ではないでしょう。
スマッシュでの得点だけに留まらず、「ここでロブを打ったらまずい」とばかりに無理して強く打ってきて、ミスを誘発できるかもしれません。

そんなわけで、特に女子のみなさまはもっともっとスマッシュを磨きましょう。
スマッシュの技術的な話はここではしませんが、そもそも技術うんぬん以前に最初にも書いた通り、アマチュアプレーヤーのスマッシュの練習量自体が少なすぎるのです。
テニスの時にストロークの練習をしない人はいないと思いますが、理想を言えばスマッシュの練習もしない時はない、くらいに毎回やった方がいいですね。
女子のスマッシュ練習の時間対効果(?)はとても高いはずです。


ちなみに男子でスマッシュが大得意なんだけれども、男子ダブルスではそもそもロブがほとんど来ないので宝の持ち腐れだ、みたいな人がキラ星のように輝ける舞台があります。
それはずばり、ミックスダブルスです。

ミックスダブルスでは、一般的に女子からのロブ率がめちゃくちゃ高いです。
スマッシュが得意な男子にとっては最高のシチュエーションです。
もちろん相手のレベルにもよりますが、1セットの中でスマッシュを10本近く決められたりします。
男子ダブルスであまりスマッシュを打てない鬱憤を、ミックスダブルスで晴らしてやりましょう。

ただし、ペアや相手の女子には決してぶつけないように注意して!
女子に嫌われるほど、男子にとってショックなことはありませんので。。。
<スポンサーリンク>

コメント


トラックバック