セカンドサーブはネットの高いところを通せ | ゆうゆーのテニスメソッド

セカンドサーブはネットの高いところを通せ

テニスの各ショットにおいて、自分が得意なショットと苦手なショットは誰でもあるものですが、中でもセカンドサーブが苦手という人は、他のショットが苦手という人以上に損をしています。

他のショットは、仮に苦手でも工夫次第で打つ機会を減らしたりできますし(ストロークが苦手ならサーブ&ボレーを積極的に使う、など)、またファーストサーブが苦手でもミスしたところで失点に直結するわけではない分、まだマシです。

しかし、セカンドサーブが苦手(ダブルフォルトが多い)だと、これはどうしようもありません。
ダブルスだったら、ペアが鬼のように強い人であっても1ミリの助けにもなりません。

<スポンサーリンク>


他のショットが少々苦手であっても、セカンドサーブだけは苦手であってはならないのです。
苦手だという人は、それの克服を最優先課題として取り組むべきだと思います。


セカンドサーブが苦手な人でよく見るのは、セカンドなのにやたら早いサーブを打っている人です。
ダブルファースト(ファーストサーブを二回打つ)のようです。

上級者なんかで、あるポイントで意図してダブルフォルトのリスクを冒してダブルファーストを打つ場合もありますが、そういうケースではなく毎回ダブルファーストのようなサーブを打っている人がいたら、まずその人はセカンドサーブに苦手意識を持っています。

当然ながら、セカンドサーブでもネットすれすれを通ります。
入った場合はセカンドなのにエースになることもあり、周りの人に「すげー」なんて言われますが、これは残念ながらお世辞で言われているだけで、本当に凄いなんて思われていません。
その倍以上はダブルフォルトをしているのですからね。

当たり前のこととして、こんなにネットすれすれでサーブが安定しているという方がおかしいのです。
人間は精密機械ではないのですから、上級者でも狙った場所から数十センチくらい普通にズレます。

だからセカンドサーブの苦手意識を克服するためには、まずはネットの高いところを通って入るような高い軌道のサーブを覚えなくてはなりません。
それには、(アンダーサーブを除けば)スピンサーブかスライスサーブしかありません。

スライスサーブの場合、高速スライダーみたいなサーブはセカンドではダメです。
できるだけ遅いサーブの方が、重力でボールが落ちてくれますからネットの高いところを通しても入ってくれるので適していると思います。
スライスサーブの場合、あまり跳ねないので遅いボールでも意外に打ち込まれないはずです。

スピンサーブもセカンドサーブには適しています。
こちらは球のスピードは少々速くても、回転で落とすため問題ありません。
しっかり回転のかかったスピンサーブが相手のバック側に入ると、絶大な効果を発揮します。


これらは当然の理屈だと思うのですが、セカンドサーブが苦手な人は何故かこれらをやろうとせず、ネットぎりぎりのサーブの精度をさらに上げようとしているのです。
そんな針の穴を通すようなサーブ、プロでも打てませんから。

それでも連続して入る時はありますが、単に運が良いか、やたらと調子が良いかのどちらかです。
いずれにせよ、全く持続性がありません。

セカンドサーブが苦手な方は、今は苦労してでもネットの高いところを通して入るサーブを一刻も早く覚えましょう。
<スポンサーリンク>

コメント


トラックバック