テニスが強い人は性格が悪い、というのは本当か? | ゆうゆーのテニスメソッド

テニスが強い人は性格が悪い、というのは本当か?

長年テニスをやっていると、「テニスが強い人は性格が悪い」という話をよく耳にします。
さらには「テニスをしていると性格が悪くなる」なんて言う人もいます。

テニスという競技は、相手の嫌がることをすることが勝ちにつながるスポーツです。
例えばダブルスだったら、二人のうち弱い方を集中攻撃する(ある意味、イジメ?)という極悪非道な作戦がとても有効だったりしますよね。

これはテニスに限らず対人競技全般に言えることだと思うのですが、テニスは個人競技ですので余計にそういう面が強く出るのかもしれません。

<スポンサーリンク>


で、実際のところはどうなのでしょうか?

あくまで私の感想ですが、そんなことはないと思います。
ただ、強いプレーヤーほど相手の嫌がることが手に取るように分かるということであれば、確かにその通りだと思います。
つまり、常に相手の気持ちを考えており、そしてそれがよく分かっているということです。

テニスでは当然その能力を利用し、勝つために相手の嫌がることをどんどん仕掛けてくるわけですが(これを性格が悪い、と表現するのならば確かに性格が悪いのですが)、一歩コートを離れるとどうでしょうかね。

性格の良いテニス上級者は、相手の気持ちが分かるという能力を良い方に利用すると思うのです。
つまり、相手が嫌がることが分かるのだから敢えてそれをしない、ということです。

逆に性格の悪いテニス上級者は、相手の気持ちが分かるという能力を悪い方に利用するわけです。
わざと相手の嫌がることをしたり、騙したり、等々。。。


で、私なりの結論。

テニスが強い弱いは、性格の良し悪しとは関係ない。
しかし、相手の気持ちを考え、それを利用するという習慣ができているため、その人のもともとの性格の良し悪しが際立って感じられる傾向にある。
つまり、テニスの強い人は「めちゃくちゃ良い人」と「めちゃくちゃ嫌な人」の両極端に分かれる。

こんな風に思っています。
まぁ、かなりオーバーな考え方だろうと自分でも思いますけどね。
あくまで全体的な傾向として、という話です。

役に立つようで、あまり役に立たないお話でした。
<スポンサーリンク>

コメント


トラックバック