2017年10月の記事 (1/1) | ゆうゆーのテニスメソッド

2017年10月の記事 (1/1)

一度試合に負ければ、それで三ヶ月はメシが食える

定期的に草トーナメントなどの大会に出ることは、テニスの上達にとってもとても良いことです。
それは、こういう大会に出れば優勝しない限りどこかの段階で必ず負けるわけで、負けるということは課題が見つかる、ということでもあるからです。

まれにダブルスなどで「自分は完璧だったが、ペアがボロボロだったせいで負けてしまった」なんてことがあるかもしれませんが、これはかなりの特殊ケースで、ほとんどの場合は自分自身にも原因(ダメだったところ)はあったはずです。
仮にペアの不調が原因で負けたとしても、そのペアが調子を崩したのはあなたのせいという可能性もありますし、ペアの調子が悪いならそれを踏まえた戦略だって立てられたかもしれないのですからね。
[ 続きを読む » ]

軸足と利き目の関係

利き手(右利き、左利き)という概念について理解していない方はいません。
利き足についても、ほとんどの方は自分の利き足がどちらかくらいは把握しているでしょう。

では、みなさんは利き目というものがあることは知っていますか?
また、自分の利き目はどちらの目かということは分かっていますか?

この利き目というものですが、実はテニスにおいても非常に重要な意味を持っているのだということが、恥ずかしながら私は最近になってようやく分かってきました。
[ 続きを読む » ]