カテゴリ:メンタル (1/1) | ゆうゆーのテニスブログ

メンタルの記事 (1/1)

ダブルフォルトしないように、という思いは届かない

テニスとは全然違う話になりますが、例えば大好きだった恋人Aさんと別れてしまったとします。
先へ進むためにも、元恋人のことは早く忘れたいですよね。

そんな時に、Aさんのことを忘れる努力をしよう、考えないようにしようといくら頑張ったところで、残念ながら忘れることはできないのではないでしょうか。
忘れられないどころか、むしろこの努力によってAさんへの執着心がより強まってしまうという皮肉な結果となります。

何が問題なのでしょうか?
こういう場合、いくら努力しても無駄なのでしょうか?
[ 続きを読む » ]

試合で緊張する人は、とんでもない可能性を持っている

練習の時はリラックスしてできるのに、試合になると緊張してしまっていつものようにプレーできないという人がいます。
本番の大会になるともう心臓が飛び出るような気持ちになって、もう自分が自分でないような感覚に陥り、普段では考えられないようなミス(例えば、空振りするとか)をしてしまうんですよね。

でも、羨ましいことに世の中には生まれつきほとんど緊張しない人も存在するわけで、こういう人は試合でもまるで練習のようにのびのびとプレーしていたりします。
本番の試合中に、見ている人たちに冗談を言いながらやっている人なんかもたまに見かけます。
[ 続きを読む » ]

ポーチで一番大切なのは、出る勇気です

ダブルスでの基礎的な戦術の一つに、ポーチというものがあります。
後衛同士でクロスラリーしている時に、前衛が割って入ってボレーで決めるというあの戦術です。

このポーチですが、はっきり言ってめちゃくちゃ有効な戦術です。
これは初級、中級、上級問わずです。

そこで今日は、このポーチについて思うところを話してみたいと思います。
[ 続きを読む » ]

強いメンタルの基本は「成功のイメージ」

テニスに限らずスポーツ全般において、メンタルの重要性は非常に大きいです。
特に実力伯仲の相手との試合では、ほぼメンタルが勝敗を左右するといってもよいと思います。

実際の大会ではトーナメント方式が多いので、負けるか優勝するまで戦いは続きます。
一回戦は楽に勝てても、二回戦、三回戦と進んでゆく毎に相手は強くなってゆき、第一シードでもない限り、どこかの段階で自分と同程度かそれ以上のレベルの相手と当たるわけです。

ここで勝つか、負けるか。
そういう試合での一勝を必死でもぎ取ることが、大会に出る上での最大の醍醐味とも言えますよね。
そしてこういう試合でこそ、よりメンタルの重要性が表れてくるのです。
[ 続きを読む » ]