ゆうゆーのテニスメソッド

100%の力で打たないこと

学生の方や、社会人でも初心者から初級者の段階に移行してきたくらいの方(特に男性)に多いのですが、自分の持てる100%の力で打っている人がいます。
特にファーストサーブや、チャンスボールが来た時によくこれをしていますね。

もちろん、決まればそれはそれは凄い球ですので、エースになる確率は非常に高いでしょう。
ですが、これをやる癖のある方は即刻やめた方がいいと思います。
[ 続きを読む » ]

苦手意識がいつまでも消えない単純な理由

多かれ少なかれ、みなさん得意なショットと苦手なショットがあると思います。
例えばフォアハンドストロークが得意でバックハンドストロークが苦手だとか、あるいはストロークは得意だけどボレーは苦手だとか、また戦術面においても雁行陣は得意でよくやっているんだけど並行陣はてんでダメだとか、人によってさまざまな得手不得手があります。

そして、苦手な方のショットは基本的にいつまでも苦手なままという方がほとんどです。もちろん、本人は課題として認識しているとは思いますが。
[ 続きを読む » ]

人間の意志の強さなんて、当てにならない

何か大きなことを成し遂げるためには、強い意志が必要だと思いますか?
私は、以前は必要だと思っていました。
でも、今は(もちろんあるに越したことはないが)なくても何とかなると思っています。

というよりも、人間の意志の強さなんて大して当てにならないと思っています。
何か大きなことを成し遂げようと思うなら、長く継続してそれに取り組むことが不可欠なのはその通りですが、これを意志の力でもってやろうとするのは相当に難しいことです。
[ 続きを読む » ]

パッシングショットのちょっとしたコツ

シングルスでもダブルスでも、前衛の脇を抜くパッシングショットって気持ち良いですよね。
相手が前にいる分、いつも以上のプレッシャーを感じるという方も多いと思いますが、逆に抜くことさえできればその一撃でほぼポイントを取れるという意味では魅力的なショットでもあると思います。

今回は私もよくやっている、パッシングショットを成功させるためのちょっとしたコツをお話ししたいと思います。
[ 続きを読む » ]

上級者になるまでの3ステップ

テニスに限らず何事においても、上達するための王道の方法というものがあります。
誰しも初心者から始まり、初級、中級と経て上級の域に辿り着くわけですが、そこに至るまでのプロセスにおいて最短ルートとなる道筋(すなわち、王道)が決まっているものだと私は思っています。

この上達するための王道について、3つのステップに分けて説明してゆきます。
[ 続きを読む » ]