ゆうゆーのテニスメソッド

テニスは足ニス、は本当です

よく、テニスは足が大事だということを例えて「テニスは足ニス」などと言われます。
全くその通りで、テニスは足(下半身)が非常に大事なんですね。

厳密に言えば、上半身も下半身も同じように大事です。
でも、上半身はテニスを始めたばかりの人でもない限り、大半の人ができていると思うんです。
まず上半身のスイングから覚えようとしますからね。

上半身の動きはできているのに、下半身の動きがあまりできていない、こういう人が多いので「テニスは足ニス」という標語で下半身の重要性を訴えるのはとても良いと思います。
[ 続きを読む » ]

一切合切の言い訳をやめよう

試合に負けた後など、何だかんだと理由をつけて負けた言い訳をする人がいるのは、どこのテニス界でもきっと同じなんだろうなと思います。

定番の言い訳としては、

■風が強すぎた
■ペアの調子が悪すぎた
■相手のジャッジが汚すぎる

まぁ、ざっとこんなところでしょうか。
[ 続きを読む » ]

狙うだけなら誰でもできる

いきなりですが、以前アップしたこの記事(最初の15行くらい)を読んでみてください。

ここにサーブをフォルトする人は、上級者です

初級者または中級者がこの記事を読んでいると仮定しますが、最初の15行を読んで上級者がサーブで狙っているコースを知ってどう思いましたか?
「オンラインを狙うなんて、無理ゲーすぎる!」と思われた方が多いものと予測します。

実はそこなんですよ、レベルアップを阻んでいる原因は。。。
[ 続きを読む » ]

100%の力で打たないこと

学生の方や、社会人でも初心者から初級者の段階に移行してきたくらいの方(特に男性)に多いのですが、自分の持てる100%の力で打っている人がいます。
特にファーストサーブや、チャンスボールが来た時によくこれをしていますね。

もちろん、決まればそれはそれは凄い球ですので、エースになる確率は非常に高いでしょう。
ですが、これをやる癖のある方は即刻やめた方がいいと思います。
[ 続きを読む » ]

苦手意識がいつまでも消えない単純な理由

多かれ少なかれ、みなさん得意なショットと苦手なショットがあると思います。
例えばフォアハンドストロークが得意でバックハンドストロークが苦手だとか、あるいはストロークは得意だけどボレーは苦手だとか、また戦術面においても雁行陣は得意でよくやっているんだけど並行陣はてんでダメだとか、人によってさまざまな得手不得手があります。

そして、苦手な方のショットは基本的にいつまでも苦手なままという方がほとんどです。もちろん、本人は課題として認識しているとは思いますが。
[ 続きを読む » ]